ねこまじん王国

ページ移動  [前へ|1|2|3|4|5|6|次へ]  Page 3 of 6
RSS 1.0 RSS 2.0 ATOM 1.0

ちょっと気になっていたデジモノということで『MVPen』を購入しちゃいました。^^
イスラエルで開発されたというデジタルペンです。

約7cm×3cmのユニットを普通の紙の上部に挟み、ペンで紙に書いていくと、ユニット内にその手書きの内容を記録し、USBでパソコンに取り込めるという製品です。
パソコンに取り込んだ後は、『MyScript Notes』という付属ソフトで手書き文字やフリーハンド図形をテキストや図表に変換することができます。

通常は、MVPen(ユニットとデジタルペン)だけで ¥12,600 なのですが、2009年4月から『新入生・新社会人 春の応援キャンペーン』というのをやっていて、MVPen に特製フォルダー ¥8,400 とUSB巻き取り式コード ¥1,500、さらにMyScript Notesのフルバージョンが付いて ¥14,700 で購入できます。
新入生・新社会人ではありませんが問題なく購入できました。(笑)


特製フォルダーが品切れということで、MVPenだけが先に送られてきました。


CD-ROMは付属ソフトとしか説明がなかったのですが、グレイラベルの方がドライバとユニットからの取り込みソフト『Note Taker』で、オレンジの方が『MyScript Notes』です。

使用感ですが、思ったよりも精度が高く驚きました。
注意したいのは、紙にユニットを装着する際、ユニットにクリップがついているのですが、紙を強く押しこむと、クリップがユニットから外れてしまうことがあります。
クリップを押さえながら紙を挟むのが良いようです。


検証するために簡単な表と図を書いて、『MyScript Notes』で変換してみました。
手書きの方は書き損じをしています。
この段階では、かなり良い感じで変換しています。


Word 2007のリッチテキストに変換してみました。
表の部分で縦が足りなくなり、線を継ぎ足したのですが、線が途切れているせいか、表がかなり崩れてしまって使い物になりません。



『Note Taker』で表の線を修正して『MyScript Notes』で変換してみました。
『MyScript Notes』ではあまり違いはありません。


Word 2007のリッチテキストに変換したところ、まぁまぁ使えるレベルになりました。


表や図形はコツがいるものの、ある程度きちんと書けば Word へきちんと表として変換してくれます。
慣れが必要ですが、慣れてしまえばかなり使えそうです。

ユニットがそんなに大きくありませんから、ちょっとしたメモを取る感覚で使用できるのが何といっても嬉しいように思えます。

なお、書き損じの字ですが、『Note Taker』で修正・削除すると、『MyScript Notes』の段階で変換がメチャクチャになりました。
どうも、字ズラだけではなく、その他の情報も持っているようです。

2009-06-03 10:00:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

2009年4月30日(木)~5月6日に東京丸の内の丸ビル7階で開催されている『のだめ カンタービレ♪ワールド』に行ってきました。
「のだめ部屋」を再現しているとあって、期待と好奇心でいっぱいです。(笑)

登場キャラクタの紹介から始まり、コミックス第1巻からの表紙やワンカット、イラストが華やかに展示されていて、まさしく「のだめワールド」の出現です。

特に目を惹いたのが、取材写真と使用されたシーン、そしてネーム原稿と完成版との対比です。
ネーム原稿は必見で、『へぇ~!これがこうなるんだ!』と感心するやら驚くやら、新鮮な感動があります。

パネル展示を一通り観終わって、お目当ての「のだめ部屋」へと戻ると、そこは人の群れでした。
何事かと思っていたら、14:30からピアノ生演奏があるとのこと。
「のだめ部屋」を観たくても、人だかりでまったく観ることができません。(悲)
あの場所で立ち見ですから、最前列の人たち以外は会場内どこにいても同じように演奏を聴くことができるはずです。
「のだめ部屋」を観たいだけの人を約45分も足止めするようなことをせず、3分の1程度を「のだめ部屋」を観る人用に空けるという配慮ができなかったのでしょうか?
これから来場され「のだめ部屋」目的の方は、ピアノ生演奏の時間を外されることをお勧めします。

で、肝心の「のだめ部屋」ですが、思ったよりもずっときれいでした。
最もあの場所でホントに再現してしまったら、それはそれで大変かもしれません。(笑)

「メモ帳」と「マングース巾着」、嫁さんが鍵盤のデザインされた「バッグ」を買って帰途につきました。

2009-05-03 20:25:56 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

東京国立博物館・平成館で開催されている『国宝 阿修羅展』に、朝日新聞アスパラクラブの招待で休館日の本日、観に行ってきました。

10:15頃に到着したのですが、最初の展示コーナー『興福寺創建と中金堂鎮壇具』はすでに列が出来ていてなかなか進むことができません。
特に列を作るように指示されている訳でもありませんから、適当に人を飛ばして観て回ってもいいのですが、今回は列に従い、じっくりと観て回りました。

遥か昔、奈良時代にどうやってこれほどの精巧なものが造れたのか…。
金・銀・真珠・水晶と、その精巧な細工に感心させられます。

鎮壇具を観た後は、次の展示コーナー『十大弟子像・八部衆像』です。
4月19日までは、興福寺に現存する14体(十大弟子像は6体しか現存しません)すべてが展示されています。
すべての像は、正面だけではなく、横や後ろも観ることができるように展示されています。

そして、いよいよ『阿修羅像』です。
展示コーナーへの通路が一段高くなっており、ある程度の距離を置いて全体を観ることができるのですが、ライティングが見事で、暗い所で浮かび上がる『阿修羅像』は必見です!
しばらく、見とれていました。
展示コーナーでは、360度どこからでも観ることができるように展示されていて、かなり近い距離で観ることができます。

しかし、本当に見事なライティングで、写真集等で観る『阿修羅像』が色褪せて感じるほどです。
そのせいか、即売コーナーの写真集や絵ハガキがつまらなく感じてしまい、結局購入しなかったほどです。
もっとも、A3程度のポスターがあれば購入していたでしょうけど。(笑)

『阿修羅像』の余韻を残して次の展示コーナーは『四天王像』、『薬王菩薩像・薬上菩薩像』と続き『釈迦如来像頭部』、『飛天・化仏の各仏像』が展示されています。

最初の『鎮壇具』のコーナー以外は、すべてガラスケースなしで鑑賞できる素晴らしい展示ですし、この展示の『阿修羅像』はお勧めです!
ただ、今回はアスパラクラブの招待ということで、多分いつもよりゆったりと観ることができたのではないかと思われます。
もしかすると、普段はかなりの人ごみの中で鑑賞することになるかもしれませんが、それでも必見の価値があると言えます。

記念に買った阿修羅像のブックマーク(しおり)です。^^

2009-04-13 20:23:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

天気や気温の関係でどうなることやらとヤキモキしていましたが、かなり良いタイミングでお花見をすることができました。

我が家のお花見は、歩いても15分ほど、チャリだと10分もかからない砧公園です。
ただ、土曜日で天気も良く、お花見用に確保する予定でした弁当が、お昼にはもう売り切れということで、今年はスーパーのお弁当になりました。;;
さらに、去年よりも人が多く、良い場所を探すのに一苦労でした。
そうはいっても、二人ですから、なんとかなります。(笑)

では、砧公園の桜をどうぞ!



2009-04-04 20:44:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

[ mixi との同時投稿です ]

九州と東京を結ぶブルートレイン『あさかぜ』『富士』が、本日をもって遂にラストランとなりました。(涙)
今を去ること30ウン年前、北九州から『あさかぜ』に乗って東京へやってきました。
ちなみに、集団就職ではありません。悪しからず。(笑)

私たちの年代では、九州から東京へ向かうというと、まだまだ飛行機の時代ではありませんでした。
暗くなった外を小さな窓から見ながら、夢や希望、そして不安、そういった想いを抱いていたものです。
新たな人生をスタートするため、気持ちを整理するに十分な時間と空間を提供してくれました。
決して飛行機では得られない貴重な時間だったといえます。

多分、多くの九州出身者にとって、その想いに共通するものが多かれ少なかれあるはずです。

もう既に、東京に住んでいる年数の方が上回ってしまいましたが、今こうして思うと、『あさかぜ』というのは、大人への原点だったのでしょう。

時代の波とか、採算とかを考えれば致し方のないことかもしれませんが、それでも残しておいて欲しかった…。
ゆとりというか、なんだかそういうものがどんどん無くなっていく、そんな象徴のように思えてなりません。

北海道方面へは『北斗星』や『カシオペア』があり、未だに人気を博しています。
九州方面にも、いつの日にか、再び『あさかぜ』や『富士』が帰ってくることを願い、今は、

お疲れさまでした!そして、ありがとう!

という気持ちで一杯です。

とはいえ、九州方面はJR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州と4社も絡んでいますから、なかなか難しいものがあるように思えますが…。
2009-03-13 21:51:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

今年もやってきました。節分の日、恵方巻きの日です。^^
別名、丸かぶり寿司ともいうそうです。

昨年も書きましたが、我が家の場合、2006年から海鮮巻きに変えました。
ところが、節分の地方行事としてみると、海鮮巻きやら恵方ロールなるものは言語道断ということらしいです。^^;
節分行事としては、七福神に因み、玉子(だし巻き)・おぼろ(でんぶ)・高野豆腐・きゅうり・うなぎ・かんぴょう・しいたけの7種の具とのこと。

そうは言っても、食べられなければ意味がないと、勝手に決め付けて、今年も海鮮巻き 1本¥1,280です!
まぐろ・サーモン・いか・たこ・甘えび・いくら・玉子・かにかま・きゅうり・とびっこ・大葉、なんと11種の具です。vv

それぞれの具が絶妙なハーモニーを奏でて、今年も15分ほどで完食しました。
値段相応、いえ、それ以上の価値ある一品でした。vv

2009-02-03 23:12:25 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

今年のおせちは去年と同じく『懐石料理 青山』の懐石おせちです。

数年前に初めてここのおせちを頼んで以来、途中で変えたりしたのですが、結局、またここにしてしまうというおせち料理、今年は 23,100円でした。

多すぎず、少なすぎずで、味付けも濃すぎることなく、また薄すぎることなくと、いつも2日には完食してしまいます。

2009-01-01 23:35:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

薬王院でのお参りを済ませ、今年は天気も良く、高尾山から富士山が見えるかもしれないと思い、高尾山まで足を延ばすことにしました。

本堂でのお参りを済ませた後、左側の階段を上り、薬王院本社へと到着です。
ここでも、お参りをします。

本社の右手に回り、さらに階段を階段を上り、いよいよ高尾山への道に入ります。

薬王院からの階段を上り、しばらく進むと、すぐに下り坂があります。
その坂を下ると、なだらかな上り坂が続きます。


この階段を上れば、いよいよ高尾山はすぐそこです。

ここ数日雨も降らなかったため、濡れた箇所がなく、かなり歩きやすい状態でした。
高尾山に着いたのですが、ここも思ったほど人が多くなく、どうなっているんだろう今年の正月は?と思う程でした。
さて、富士山はどうでしょう。

残念ながら雲がかかっていましたが、それでも味わいのある富士山を望むことができました。

同じ道を帰り、再び薬王院に着いたところで、毎年恒例の『開運おみくじ』を引きます。

今年は、小吉で、招福お守りは『お多福』でした。
福が多く訪れそうな幸先の良い1年の始まりです。
写真は、おみくじの説明に招福お守りをハメコミ合成しています。

薬王院を後にしたところ、な、なんと、山門を出ても人、人の並びで、今までで初めてみるほどの行列ができています。
早起きは三文どころではないほどの得でした。(笑)

リフトに乗る前は、これまた恒例になっている枡酒をいただきます。
相変わらずすっきりとした飲みやすい味です。
残念なことに、今年はイカ焼きがパックに入っていましたし、貝の串焼きもありませんでした。(泣)
これは是非とも、復活させて欲しいものです。m(_ _)m
また、展望場所の椅子も取り除かれており、人の流れを良くしようとしているようです。


それでも串焼き団子は健在です。


高尾山口駅の脇にもありますが、個人的にはここのタレ付きの串焼き団子が一番です。

リフトやケーブルカーの山麓駅も人の行列です。
これから行ってお参りするとなると、帰れるのは何時頃になるのか?人ごとながら心配です。

2009-01-01 21:16:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

[ mixi との同時投稿です ]

あけましておめでとうございます。
2008年のドラフト記事がまだ残っている状態(^_^);で2009年を迎えてしまいました。
今年もよろしくお願いいたします。

今年も三社詣に出かけてきました。

例年のとおり、まずは地元の玉川神社です。
昨年より5分ほど遅く、23時40分頃の到着でしたが、並んでいたのは昨年並みの100人ほどの人数でした。
今年は、お汁粉と甘酒のみを頂き、次の用賀神社へと向かいます。


ここも地元の方々が対象の神社であるため、例年のとおり500人ほど並んでいる列に並びます。
ここでは、お神酒と甘酒を頂きます。
甘酒は、正直なところ、玉川神社の方が味がいいです。;;
ただ、昨年と違い、今年はまだ残っているようです。

地元の神社はこの二つで、一眠りした後に高尾山の薬王院へ向かいます。
昨年からの高尾山人気が気になりましたので、いつもより1時間ほど早く、9時頃に家を出発しました。

早く出たせいか、リフトの乗り場も拍子抜けするほどの人数しか並んでなく、10分ほどの待ち時間で乗ることができました。(^_^)v
薬王院に着いてからも、昨年の週末よりも少ないのではと思うほどの人数で、すんなりとお参りを済ませることができました。


2009-01-01 20:10:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

東京タワーが50の文字とともに虹色でライトアップされていました。

今年の12月23日にオープン50周年を迎えるということで、50の文字が虹色にライトアップされた中に浮かび上がっています。
なぜ虹色なのかは定かではありません…。(汗)

ライトアップに誘われて東京タワーの下まで足を延ばしてみると

クリスマスイルミネーションが輝いていました。


2008-12-18 22:24:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する
ページ移動  [前へ|1|2|3|4|5|6|次へ]  Page 3 of 6
トレンドマイクロ・オンラインショップ 話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
サンワダイレクト

ねこと温泉、そして阪神タイガースをこよなく愛し
本田美奈子の声に魅了されているおじさんのブログ