ねこまじん王国

RSS 1.0 RSS 2.0 ATOM 1.0

高尾山自然研究路6号路(2008年5月)

最終更新日時 : 2008-07-30 04:13:29
高尾山稲荷山コース から久々の高尾山です。
今回は、稲荷山コースの谷(沢登り)コースになる高尾山自然研究路6号路で登りました。

朝の8:00に自宅を出て、10:00にスタート地点に到着です。
ここを左に登れば、稲荷山コースです。


高尾山自然研究路6号路の最初は、しばらくアスファルト道路を歩くことになります。たまに車も通りますので、注意しましょう。
季節が良くなってきたせいか、そこそこの人出です。


10:05
およそ、5分でアスファルト道路から別れ、左へ折れいよいよ登り口です。



登り始めてすぐのところに、最初の案内板があります。
6号路はこのような案内板が全部で14ありますので、初めて上る際の工程の目安にもなります。


10:07
早くも2つ目の案内板です。


6号路はかなりの部分がこのような感じの路になります。
ただ、沢登りに近いだけに、足もとが滑りやすいので気をつけましょう。


10:10
3つめの案内板です。


3つめの案内板から2分ほどで、岩屋大師に到着です。
今回は、立ち寄りませんでした。


岩屋大師から1分ほどで、4つ目の案内板です。
案内板にある琵琶滝はもう少し先になります。


10:15
琵琶滝に到着です。
登山路から右に入ると滝の近くまで行くことができます。


琵琶滝を過ぎると、徐々に登山道らしくなっていきます。


10:20
5つ目の案内板です。
この場所はベンチもありますので、ひとまず休憩しましょう。


5つ目の案内板から、およそ3分ほどで6つ目の案内板です。


さらに、5分ほどで7つ目の案内板です。


10:30
8つ目の案内板です。
この付近は、水辺まで降りることができますので、冷たい自然の水で汗を拭くのもいいでしょう。


8つ目の案内板からおよそ2分で9つ目の案内板です。


さらに、5分ほど登ると10番目の案内板です。
ここまでくれば、あと少しで休憩できる場所です。


10:40
大山橋到着です。
ここからは、路がさらに険しくなります。ベンチもありますので、十分な休憩をとり、体調を整えましょう。


大山橋にある11番目の案内板です。


大山橋から3分ほど登ると12番目の案内板です。


大山橋からの登り路です。
濡れて滑りやすくなっていますので、気をつけて登ります。


10:50
13番目の案内板に到着しました。


10:55
やっと、稲荷山コースとの合流点です。
橋を渡り、左方向に登っていくと稲荷山コースに合流します。
6号路はこの橋を右に降りて、沢を右に登っていきます。


稲荷山コースとの合流点からは、このような沢を登っていきます。
滑らないように気をつけましょう。


3~4分で沢登りは終わります。
残念ながら、山頂はまだです。^^


沢登りを終えると、やはり3~4分ほど、このようななだらかな路を進みます。


いよいよ、最初の階段です。
ゆっくり登って3~4分です。初めてだと、目に見えている階段を登っても、また階段があるので、メゲるかもしれません。^^


11:05
最後の案内板です。
まだ、階段は続きますので、ベンチに座って体力と脚力を回復させましょう。


次の階段です。
ゆっくりと、やはり3~4分かけて登りましょう。


11:15
階段を登り、山頂まであと少しの地点に到着です。
ここから左に行くと稲荷山コースの最後の階段の「下」に出ます。
また、右に下ると3号路になります。


まっすぐ進み、1号路の山頂下を目指します。


11:20
高尾山山頂のちょっと下へ到着です。

残念ながら、本日も富士山は霞空の彼方で見ることができませんでした。;;

この記事への参照記事

高尾山自然研究路6号路(2008年5月) からの帰りは、高尾山薬王院経由ではなく、4号路を下っていくことにしました。 高尾山山頂から薬王院方面への坂道を降りたところの左側に4号路の入口があります。 1...
(2008-05-17)
【サンワダイレクト】女性もうれしい かわいいアイテム満載! 【サンワダイレクト】大切な人への贈り物特集

この記事へのコメント

2008-06-12 15:06:30
 こんにちは、そうそう、6号路には、こんな看板があって楽しいんだよな、と思いながら拝見しました。
 私は、6号路は下りで使うことが多いかな、と思いました。
 写真を拝見してたら、高尾山に登ってみたくなってしまいました。
 コメントさせていただきありがとうございました。
2008-07-30 04:13:29
コメントいただきありがとうございます。
6号路下りですと滑りやすいような気がして私の場合は上りばかりです。^^
看板の写真は、最初に登ったときに途中で「やっぱ、最初から撮らねば…」と思い、再チャレンジで撮ったものです。(笑)

この記事へのコメントを追加する

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。

この記事へのトラックバックを追加する

トラックバックURLは ここを右クリック し、
  • IE … ショートカットのコピー
  • Firefox … リンクの URL をコピー
でコピーできます。
また、こちらのフォーム からトラックバックを送信することもできます。
なお、この記事への言及リンクのないトラックバックは一旦保留させていただいております。ご了承ください。
(トラックバック送信エラーになった場合でも、保留が解除されることによりトラックバックは受け付けられます。)
Webサービス by Yahoo! JAPAN
トレンドマイクロ・オンラインショップ 話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

コロプラ
(第932501コロニー)

コロプラ・コロニー
サンワダイレクト

ねこと温泉、そして阪神タイガースをこよなく愛し
本田美奈子の声に魅了されているおじさんのブログ