ねこまじん王国

RSS 1.0 RSS 2.0 ATOM 1.0

あやめちゃんのクリスマスケーキ~2011年
11.ねこ

最終更新日時 : 2012-12-26 13:36:09
今年はいつもの『フラウラ』のクリスマスケーキではなく、『PATISSERIE NAOKI』のクリスマスケーキになったのですが、あやめちゃんの反応はどうでしょうか?

満足してくれたようです。

ちなみに、もう一匹のてんちゃんはケーキには見向きもしません。汗(^^ゞ
ケーキよりも鶏肉やおサカナさんが好物ですので、ネコらしいといえばネコらしいのですが…(笑)

この記事への参照記事

参照記事はありません。
【サンワダイレクト】女性もうれしい かわいいアイテム満載! 【サンワダイレクト】大切な人への贈り物特集

この記事へのコメント

832 さん
2012-12-25 13:45:40
こんにちは、急なコメントすみません!
ねこちゃんを愛されてるお気持ちは十分に分かりますが、
ねこちゃんなどにチョコレートは特に毒性があるし、人間の食べるお菓子は危険ですよ〜(;ω;)
ネットで調べて頂くとたくさん載ってると思います〜!!
2012-12-26 13:36:09
832さん
コメントありがとうございます。

ネットで調べるまでもなく、カカオ(テオブロミン)のことは承知しています。
あやめの場合、チョコレートを舐めることはありませんが、仮に間違って舐めたとしても、1gも体内に入ることはありません。
ケーキに使用されているチョコレートにミルクチョコレートの10倍のテオブロミンが含有しているとしても、チョコレート1gにつき約30mgになります。
あやめの体重は5kgですから、425mgが危険量です。
仮に1g舐めたとして、危険量の10分の1以下のテオブロミンが体内に入ることになりますが、危険性はまずありません。
かといって、チョコレートを舐めようとすれば取り上げるでしょう。

人間でも同じですが、どんな薬でも10倍の量を摂取すれば危険ですが、逆に少ない場合は、薬になることもあります。
ココアは危険と言われていますが、少量のココアが下痢止めとしての効果がある場合もあります。
ただ、何がどうして危険なのかを理解しておかなければ、薬であっても危険になることはあります。

17年間生きてくれていますし、ある動物病院で血液検査をしたところ、コロナウイルスに感染しているのであと半年と言わてからすでに7年…。
年に2、3回ほんの少量の好きな生クリームを舐める程度のことは、きちんと見守ってあげながら許してもいいと思っています。

ご指摘、ありがとうございました。

この記事へのコメントを追加する

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。

この記事へのトラックバックを追加する

トラックバックURLは ここを右クリック し、
  • IE … ショートカットのコピー
  • Firefox … リンクの URL をコピー
でコピーできます。
また、こちらのフォーム からトラックバックを送信することもできます。
なお、この記事への言及リンクのないトラックバックは一旦保留させていただいております。ご了承ください。
(トラックバック送信エラーになった場合でも、保留が解除されることによりトラックバックは受け付けられます。)
Webサービス by Yahoo! JAPAN
ペットファースト 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
サンワダイレクト

ねこと温泉、そして阪神タイガースをこよなく愛し
本田美奈子の声に魅了されているおじさんのブログ